開発環境

  • Expo SDK 42
  • React Native Elements 3.4.2

実現したい動作

今回実装しようとした動作は↓動画に示したものです。

実際の動作は下のレポジトリのinstallationの手順で試せます。

主要なモジュールと選考理由

今回はReact Native ElementsCheckBoxを選びました。CheckBoxの候補としてはreact-native-bouncy-checkboxreact-native-checkbox等が上がるのですが、今回は

  • yarnでパッケージ管理が可能
  • IOS, Android の両者で問題なく動作

を確実に満たすモジュールとしてReact Native Elementsのものを選びました。

実装方法について

実装方法を検索したところ、主に二つの方法があることが分かりました。

  1. FlatListに渡っているJSONデータのid等を参照し、チェックマークを付けるデータを選択・再レンダーする方法
  2. 渡ってくるデータにcheckedなどの項目を追加してchecked=trueとなった時点で再レンダーする方法

一つ目の方法については下の動画が参考になると思います。

採用した方法についてのおおまかな説明

今回は上記二つ目の方法を採用しました。例えば下のようなデータを用意し、

[{
    "時間割所属": "教育学部",
    "開講": "前期",
    "時間割コード": "M532001",
    "科目": "生活構成研究",
    "担当": "Teacher A",
}]

これにchecked: の項目を追加します。

[{
    "時間割所属": "教育学部",
    "開講": "前期",
    "時間割コード": "M532001",
    "科目": "生活構成研究",
    "担当": "Teacher A",
    "checked": false,
}]

この処理は先ほどのGitHubレポジトリにあるApp.jsの12行目周辺で行っています。

// checked=falseを初期値として代入
  getListData = async() => {
    await d1_Data.forEach(value => value.checked = false);
    console.log('データにfalseを追加')
    setdata(d1_Data);
  }

  // マウント時のみ実行される
  useEffect( () => {
    getListData();
  }, [])

CheckBoxをタップしたときにchecked=true/falseを切り替えるのですが、その処理はApp.jsの23行目周辺で行っています。

// 時間割コードが一致した要素に対してchecked=trueに変更
checkMark = (classId) => {
    const classIdNumber = data.findIndex((id) => id.時間割コード == classId);
    let newData = data;
    newData[classIdNumber].checked = !newData[classIdNumber].checked ;
    setdata(newData);
    setisChecked(!isChecked);
  }

  renderItem = ({ item }) => (
    <View style={styles.item}>
      <View style={styles.wrapText}>
        <Text>{item.科目}</Text>
        <CheckBox
          checked={item.checked}
          onPress={() => checkMark(item.時間割コード)}
        />
      </View>
    </View>
  );

最後に、FlatList側のextraDataisCheckedを定めておき、isCheckedの値が変わるたびに再レンダーがかかるようにしています。具体的にはApp.jsの47行目周辺でこの処理を行っています。

      <FlatList
        data={data}
        renderItem={renderItem}
        keyExtractor={item => item.時間割コード}
        style={styles.list}
        extraData={isChecked}
      />

問題点

上記の二つの方法を紹介しましたが、どちらにしてもisCheckedが変わるたびにFlatList内の全ての要素が再レンダーされるので動作が重くなってしまいます。

現在、これの対処方法を探しています。見つかり次第この記事をアップデートします。